老人性色素班によるしみやくすみ

場合によっては、老人性色素斑が斑点とくすみの本当のアイデンティティであるように見えます。 30代から30代前半の人は、20代後半に現れるシミやくすみがあり、老人性と呼ばれていますが、若い人にも発生します。 40代の60%の人に影響を与えると言われており、大きな人は数インチに達することがあります。老人性色素斑の原因は、長期間の蓄積による紫外線への曝露です。細胞の核は、いわば5〜20年前の紫外線の影響で弱くなり、メラニン色素が過剰に生成されるのが普通です。老化は直接の原因ではありません。幼い頃から日常の仕事やスポーツで強い紫外線を浴びてきた人や、もともと肌が白くて紫外線になりやすい人でもできると言われています。顔だけでなく、紫外線にさらされる機会が多い手の甲や肩にもシミやくすみができると言われています。顔や体にシミやくすみが増えると、古く見えて実年齢とはかけ離れているので、対策を講じることをお勧めします。紫外線への曝露を極力防ぐことは可能ですが、一度暗くなった老人性色素斑を完全に取り除くことは困難です。皮膚科や美容整形では、ケミカルピーリングやレーザー照射が可能ですが、肌のタイプによっては印象が残る場合がありますので、事前のご相談をお勧めします。毎日目を光らせてシミやくすみのない状態を維持するのは未来の輝きです。よめ子

Comments are closed.

error: Content is protected !!